バストアップで評判の良いクリニック

高校生の頃から胸が小さいことに悩んでいた

私の高校生の頃からの大きな悩みは、胸が小さいということでした。
私は女子高だったのですが、体育の時間に体操服に着替える時には、女子高ならではなのかもしれませんが友人同士でお互いの胸の大きさを比べることがあったのです。
それが私にとってはとても苦痛で、他の誰よりも小さい自分の胸が恥ずかしくて仕方ありませんでした。
大きな胸の友人はそれが恥ずかしいといっていましたが、私からすると贅沢な悩みにしか聞こえなかったのです。
小さい私に対する嫌味なのかと思ってしまうほどで、できるだけ目立たないように胸を隠すような仕草が身についてしまいました。
大学へ進学すると、初めての彼ができたのです。

とても真面目な人で、共通の趣味を持っていたこともあってか、私たちはお互いに自然に引かれ合いました。
人生で初めての彼ということで私はとても舞い上がってしまい、1人暮らしをしていた彼の家へ泊まりに行ったのです。
恋人ならば当然自然と体を求め合うことになり、私は人生で最高の幸せを感じていたのですが、私の裸の胸を見た彼のがっかりしたような表情を見逃しませんでした。
彼にはそのような気持ちはなかったのかもしれませんが、明らかに残念そうな表情になり、私は人生最高の幸せから一気に不幸せへと転がり落ちてしまったのです。

高校生の頃から胸が小さいことに悩んでいた : 初めてできた彼との別れでバストアップの施術を決意 : 信頼できるクリニックで施術を受けてドクターには感謝